【新豆情報】Guatemala Finca El Cedral

Guatemala Finca El Cedral -Fernando Diaz- / グアテマラ フィンカ エル セドラル -フェルナンドディアス-

 

1832年にフランシスコアルブレス氏が購入して以来、アルブレス家の所有物となっています。

今から約110年前に、3代目のカルロス・オルテガ・アルブレズによって最初のコーヒーの木が植えられました。

その後1976年の地震によりSan Martin Jilotepequeの自治体が地滑りによって孤立したことや、1996年まで続いたグアテマラ内戦によって農場の地域を放棄せざるを得なかったことなど、様々な困難がありました。

 

 

そのような困難も乗り越え、1996年からは現在の4代目 フェルナンドディアスが農場を運営しています。

 

 

El Cedralは、その味の特徴と在来品種の多さから、非常に興味深い農場です。

数年前に、外見、形、生産量、味が全く異なる突然変異の品種を発見し、それを「cimarrona(シマロナ)」と名付けました。

 

 

ブルボンに比べてミューシレージが多く、甘さのあるロットが多いのも特徴です。

 

私たちのカップコメントは、ピーチ、シュガーのような甘味とともに、ミントのような清涼感も感じられます。

是非チェックしてみてください。