【新豆情報】Guatemala Finca La Soledad -Henio Perez and Family-

Guatemala Finca La Soledad -Henio Perez and Family-

 

3月に訪問した Guatemala から Finca La Soledad のH1種のご紹介です。

H1は Sarchimor グループの T5296 種とルメスーダン種との交配種で、さび病への耐性と収量が多いという特徴を
持っており、2010年に深刻なさび病の被害を被った中米を中心に栽培されています。

農園が位置するアカテナンゴはアカテナンゴ火山とフエゴ火山の裏手に位置しており、火山灰の影響でミネラルが豊富な土壌が素晴らしいコーヒーを生み出しています。念願叶って初訪問となった La Soledad ではペレスファミリーは農園の中に住んでおり、農園の隅々まで丁寧に管理されている印象を受けました。朝は農園内に日が差し込み、午後からは少し霧がかかり湿度のある環境でコーヒーは育てられています。

シェードツリーの役割を果たすグレヴィレアの木陰でコーヒーは栽培され、雨季にはシェードツリーをカットして湿度が溜まりすぎないような工夫もされています。また、収穫期の3ヶ月間は遠方から働きにくるピッカーのために交通費の支給や宿泊施設、食事も用意しているとのこと。毎年ファンの多い La Soledad の美味しさの秘訣に触れることができました。

 

Guatemala Finca La Soledad -Henio Perez and Family-